【マッピングカンパニー atlatecが東京支店を開設】

ドイツのHD3Dマッププロバイダーが新しい市場に拡張

「ここ日本では、自動車業界のOEM企業は現在、自動運転への投資を増やしています」と、新しく設立されたAtlatec Japan代表取締役である友安恭介は述べています。

「市場は明らかに成長しており、自動運転車とシミュレーションの両方で実際の地図を使用する必要度が高まっています。」 ドイツを拠点とするマッピングプロバイダーのatlatecは、今年7月に日本支社を登記・設立し、この市場でのニーズを満たすために正式に市場参入しています。 2020年の東京オリンピックが間近に迫った今、国は革新的な運転ソリューションの実行を経験しています。

日本国内のOEM企業は、開会式に間に合うように、多くのモデルで高速道路ルートにSAEレベル3の自動化機能を提供することを目指しています。 「私たちは既に多くのOEMおよび一次サプライヤーにカスタムマップを提供する過程にあります。中長期的には、ヨーロッパやアメリカで既に提供しているようなオンデマンドルートのデータベースの構築を目指しています。ここ東京の首都高速道路から始めて、その上に構築していきます。」 atlatecのCEOである Dr.HenningLategahnは述べています

日本は何十年にもわたって世界のトップ3の自動車生産国のひとつであり、多くの有名なトラックやオートバイのOEM企業の拠点です。 世界の自動車産業全体が将来に向けての実行可能なモビリティとビジネスモデルを模索しているため、自動運転はこの国の経済で大きな関心を集めている分野です。

atlatecは2014年にドイツで設立され、30人の従業員の企業にまで成長しました。チームは数人の上級コンピュータービジョンエンジニアで構成され、データの収集と処理のために独自のハードウェアとソフトウェアを構築しました。同社は、実際のルートのカスタムメイドの3Dモデルを専門としており、世界中の公道のデジタルツインを作成したり、プルービンググラウンドなどを提供しています。

詳細については、 atlatec.deサイトをご覧ください.