atlatec へのよくある質問

How can we help?

atlatecの HDマップはどのくらい正確ですか?

HDマップに関しては、検討すべきさまざまな種類の精度と、エラーの原因につながる様々な要因があります。

HDマップに関しては、検討すべきさまざまな種類の精度と、エラーの原因につながる様々な要因があります。

この質問に対する簡単な答えとしては、当社は運転可能なルートの10m内のオブジェクトに対して、5cm以下のローカル/マップの相対精度を達成しているるということです。 グローバル/絶対精度は意志通りには固定できないGNSS / GPSによって決定されます。特に衛星の受信状態が悪い地域(都市の(建物と建物との)谷間やトンネルなど)では、条件が大きく異なる場合があるため、この数値は差し引いて考える必要があります。GNSSの品質が高く、適切な基地局補正データが利用できる地域の場合 、グローバル精度はさらに3cmかそれ以下になります。

より詳細な回答、この精度を当社が達成している方法、およびGNSSが拒否された領域のエラーを軽減している方法については 記事“How Accurate Are HD Maps for Autonomous Driving and ADAS Simulation?” (自動運転およびADASシミュレーション用のHDマップはどの程度正確ですか?)をご参照くださ

atlatecはHDマップのアップデートを提供していますか?

はい、しています! お客様の使用ケースと更新の所要時間の要件に応じて、さまざまなオプションを利用できます。

収集済みのデータを編集して実行できる「ソフトアップデート」(制限速度の変更、車線の一時的な無効化、通行権ルールの更新など)と、 ルートの一部(例:道路工事/建設後)の再スキャンが必要な「ハードアップデート」の両方を提供しています。

ソフトアップデートの場合、当社のマップクラウドに接続します。マップクラウドでは、正確な変更リクエストをお客様の方から簡単に送信でき、それを当社のチームが1週間以内または必要に応じて24時間以内に処理することのできます。 ハードアップデートの場合、提供するオプションはお客様の特定のユースケースによって異なってきます。適切な提供をするために、当社の方で考慮すべき要素がいくつかあります。 ただし、そのような協議ができると私どもも本当にうれしいです。

私たちのアップデートサービスがあなたのプロジェクトにどのように役立つかがお知りになりたい場合は、私たちとの電話協議のスケジュールをこちらに入れてください! schedule a call with us!

HDマップの作成金額はどれくらいかかりますか?

HDマップの作成金額は、主に4つの要因によって異なります。

  1. どのくらいの距離を希望するのか? 40km?4000km? kmの単価は距離が長くなればなるほど下がります。
  2. どのくらい複雑なルートを地図化するのか?(高速/都市部/混合)どこの地図を希望されるかを教えて頂くのが最も簡単な方法です。
  3. どのくらいのレイヤーの地図を希望するのか? そのプロジェクトに必要な物標、白線、地物をどこまで地図化したいのかで決まります。
  4. どの フォーマット を希望するのか?各地図フォーマットによって含まれる情報の種類や階層などが異なります。フォーマットによっては一部を違う方法で何度も処理する必要があります。下記より対応しているフォーマットに関して参照いただけます。

    上記内容に関して是非詳細をお話しできればと思います。ご自由に ご連絡 ください。
atlatecはLiDARを使用してHDマップを作成しますか?

マッピングへのアプローチは主にコンピュータビジョンベースであるため、データを得るために、必ずしもLiDARに依存する必要はありません。

但し、お客様のプロジェクトでそれを使用することで利益が得られる場合(例えば地図に加えて地理的に参照されたポイントクラウドデータを受け取ることによって)センサーポッドに360°LiDARスキャナーを追加します。

私たちが使用している技術と、それをお客様のユースケースに合わせて活用する方法についてさらに詳しくお知りになりたい場合は、ご遠慮なくお問い合わせください。お問合せ

HDマップの作成にはどのくらい時間がかかりますか?

HDマップの納期は、主に2つの要因によって異なります。

  1. マップするルート(都市道路/高速道路/混合)がどのくらい複雑で、範囲はどのくらいの大きさですか? 正確な回答を得る最も簡単な方法は、マッピングする特定のルートを当社に連絡することです
  2. マップの忠実さ/注釈の詳細の望ましい程度はどれくらいですか? お客様のプロジェクトの要件に応じて、さまざまな数のオブジェクトクラスを含めることを行い、作成されたマップを可能な限り効率的なものにすることができます。

マップの作成中に、ルートをいくつかの小さなサブプロジェクトに分割します。これにより、パーツを次々に段階を追ってリリースできるため、プロジェクト全体が完了するまでよりもはるかに早く最初のマップセクションを受け取ることができます。

または、米国、ヨーロッパ、日本からの既製のルートのdatabaseデータベースを購読することもできます。

atlatecはどのマップのフォーマットとツールをサポートしていますか?

ユースケースと適切なツールチェーンに応じて、さまざまなマップ形式に対応します。頻繁にリクエストされるているものは以下の通りです。

OpenDRIVE 

お客様のターゲットシステムに応じて、様々なバージョンとバリエーションで利用可能なオープンソース形式。 シミュレーションに頻繁に使用されます。 サポートされているツールは次のとおりです。

  • AVSimulation社製 SCANeR
  • Siemens社製Prescan
  • CARLA(オープンソース)
  • Hexagon社製VTD /仮想テストドライブ(MSC / VIRES)
  • dSPACE社製ASM
  • LG社製LGSVL(代替サポートフォーマット:Lanelet2)
  • Ansys社製VRX / VRXPERIENCE
  • PTV社製Vissim
  • Congnata
  • MathWorks社製RoadRunner(以前のVectorZero)

ROAD5

IPG Automotive社製独自のフォーマット。 サポート対象:

  • CarMaker / TruckMaker

CPAR

CPAR MechanicalSimulation社製独自のフォーマット。 統合されたparsfileの略。 サポート対象:

  • CarSim / TruckSim

Lanelet2

自動運転アプリケーション向けのオープンソースマップフォーマット/フレームワーク。 利用可能:

  • Lanelet2(標準)
  • Autoware用Lanelet2

Geometric formats/meshes

幾何学的フォーマット/メッシュ 多くの場合、仮想環境モデルのアセットを作成するために、3Dモデリングに使用されます。 サポートされている形式は次のとおりです。

  • OBJ
  • FBX
  • OSGB
  • SHP
contact_atlatec_hdmaps

更に連絡をご希望ですか? 顔を合わせてお話ししましょう! 会議の予約はこちらから